読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく、歩む

家のようにあたたかく、家族のような会話が生まれる、そんなお店の開業を目指しながら、現在は不動産会社で営業と人事のお仕事をしています。平凡サラリーウーマンから夢を叶えるまでの、道のり日記✍️

“言葉”は氷山の一角にすぎないpart2

松永さんという、社外の素敵な先輩にお会いをし、「よーし、私も松永さんみたいにSNSを使って、自分が日々の生活の中で感じたことをアウトプットするぞ!そして、自分の考えが相手にちゃんと伝わるような表現を磨くぞ!」と思い、ブログを始めた2017年1月。

 

まーーーーーー

 

見事に

 

月日の流れに流れてしまいました。はい、更新が滞っておりました。

 

昔からですが、私、思い立ったらすぐに行動を起こすその早さはあるんですが、その早さしかむしろなくて、継続することがとても苦手。

 

ちょっと話は変わるけど、先月から旦那さんと、それぞれ毎月月初にその月の目標を決めて共有をし、月末にどんな1ヶ月になったかをシェアすることを始めました。(気持ち悪いよね)

 

そして、2月を振り返ってみたら、んまぁ私の未達具合が目立つのなんの。

 

危機感を感じました。このままやと、自分の夢さえも未達に終わる、嫌や、と。

それと同時にワクワクもしました。「え、こんな私が出来るようになったらめっちゃおもろくない?」と。

 

てなわけで、3月の目標のひとつ、「毎日帰りの電車で記事を書く」をちゃんと達成できるように頑張ります╰(*´︶`*)╯♡

 

てことで、今日感じたこと。

【“言葉”は氷山の一角にすぎない】

 

前にも思ったことがあるこのことについて、改めて痛感することがありました。

 

採用をしていると、様々な言葉に触れます。

「働く上で重要なのは人です」
「仲間と協力して達成したのが嬉しかったです」
「怪我をして大きな挫折を味わいました」

私自身、就職活動をしているとき、周りと話していてよく聞くような言葉でした。

 

そしていざ、採用担当者として学生さんと色々お話しするとき、「へ〜この子は人が大切なのか〜」「仲間が好きな子なのね」「挫折を味わった経験があるのか!」と、まぁ

 

言葉通りに受け止めていました。

 

しかしなんか、その子のことはどんどん知っていく…つまりその子にまつわる知識は増えていくはずやのに、どうも話が深まらへんよーな気がして、ある時先輩に相談してみました。

 

そこで言われた一言が、

抽象的な言葉をその子がどうとらえてるのかを深めて初めて、その子が知れる

ということ。

 

また、別の先輩にも相談すると、

信じるために疑わなあかん

とのこと…。

 

目から鱗でした。

例えば

「働く上で重要なのは人です」
→何で人が重要なのか、どんな人だといいのか、それは何故か、過去にも人が大切だと感じたことがあるのか、その過去の出来事と「人が重要」と思う理由はちゃんとリンクするのか

 

「仲間と協力して達成したのが嬉しかったです」
→協力している過程はどのようなものだったのか、達成したという事実が嬉しいのか喜んでる仲間の顔を見るのが嬉しいのか、仲間の中でどんなポジションにいたのか、それが他のポジションだったとしても嬉しかったのか、達成するまでの過程でこだわったことは何か

 

「怪我をして大きな挫折を味わいました」
→怪我をしてどんな気持ちになったのか、それまではどんな自分であると思っていた中、挫折を経てどのように自分が変わったのか、具体的にそれはどういうことか、何故怪我の挫折からそのような気づきを得たのか

 

といった具合。
1つの言葉であっても、その背景には色んな思いや経験が詰まっている。それを知ることで、話が深まり、よりお互いの絆が深まる。

そんな気がした。

ふっと話しやすくなる瞬間を作り出す人

昨日、素敵なお店に出逢った。

 

肥後橋駅から少し歩いたところにある、「hitofushi」という暮らしの道具を扱うお店。

 

ふらっと入店し、真剣に商品を見ていると、ひとこと。「昼から急に寒くなりましたね〜」。

 

急に話しかけられ対応しきれず、私は「あ、そうですねぇ。」と、他人行儀な答えしか出んかった。

 

私が逆の立場やったら、その空気に耐えきれへんくて、もうお客さんに何も喋らへんねんけど(笑)、その人は少し間を置いて話しかけてきた。

 

「贈り物ですか?」

「はい、友達が誕生日で」

「いつからの友達なんですか?」

「小学校からの友達で」

「えーーめっちゃ仲良いですね!」

 

こんな具合に、ポンポン会話が生まれる。

 

気付いたら、私はお姉さんに心を許していて、予定より2つも多くの物を購入していた(笑)

 

このお姉さんから学んだことは3つ。

 

①お客さんと仲良くなりたいな〜というあったかい愛情をもって接する

②答えやすい質問からキャッチボールの回数を重ねて距離を縮める

③最初は気まずいもんでしょ、と割り切って会話を恐れない

 

かなぁ。私も頑張ろう〜

 

「いる」ということの有難さ、面と向かって「有難う」を伝える大切さ

昨日、おじいちゃんが天国に持っていくためのお手紙を書いていた。

 

思い返すと、おじいちゃんは私の喜ぶ姿を見るために、たくさん顔を合わす時間をとってくれ、そして私が笑顔になる瞬間を喜んで見てくれていた。

 

そうやって、私に時間を割いてくれたこと、脳裏にしっかり笑顔が焼きつくほど笑顔でいてくれたことに、有難う、と思った。

 

でも、私はその時その時、心の底から有難うと感じ、そして「有難う」と伝えられていたかと聞かれると、正直自信をもって「うん」とは言えへん。

 

何故か?

それは「おじいちゃんが顔を合わす時間をとってくれてる」=「そこにいる」ってことを、当たり前やと勘違いしてしまっていたから。

 

でも、ちゃう。

おじいちゃんが、私に対する愛情を伝えるために、ちゃんと時間をとってくれたからこそ、顔を合わせることが出来る。おじいちゃんがその行動を起こしてなかったら、叶わへんかったこと。

 

これって、めっちゃ有難い。「いる」ってことが、もう有難い。

 

じゃあ「有難い」ってことを気付けたとしても、面と向かって「ありがとう」って言うのはちょっと小っ恥ずかしかったりする。

 

でも、その時を逃したら、次会うときはその人はご遺体になってるかもしれへん。

人なんて、いつ死ぬか分からん、老若男女問わず、誰もがそう。

 

その瞬間の小っ恥ずかしさ、か、

失ってからの後悔、か、

どっちをとるかね。私は断然前者かな。

 

面と向かって心込めて「有難う」を伝えな、意味がないんやな、って思いました。

 

せっかくおじいちゃんが教えてくれたんやから、明日からは、大切な人がいてくれることに感謝して、きちんと「有難う」が伝えられるように生きようっと。

 

大切に生きる

昨日、おじいちゃんのお見舞いに行ってきた。

肩で息をしていて、前回行ったときよりしんどそうながら、必死に生きていた。


私たちがたくさん声をかけたから?
ちゃんとみんなの顔をみたいと思ったのかな?
左目だけを開けていた。
びっくりした。声をかけると、かすかやけど、黒目が動いた。

 

おじいちゃんの周りには、たくさんの人がかけつけた。

皆も、必死におじいちゃんに話しかけた。

 

おじいちゃんとの思い出を思い返すと、よく笑った記憶ばかりが、たくさん愛情注いでもらった記憶ばかりが、思い出された。

 

おじいちゃんを囲みながら、みんなで「こんなことあったよね〜」と談笑したりもした。

おじいちゃんは、本当に、一生懸命周りに愛情を注いできた人やんやなぁと、痛感した。

 

そんな、一生懸命に愛情いっぱいで生きたおじいちゃんでさえ、もう一日、もう一日と、必死に生きている。

おじいちゃんが生きていることを、当たり前に思っていたけど、当たり前ではなく、おじいちゃんが一生懸命生きてきてくれたからの、今なんだろうなぁ、と。

 

生きていることが当たり前だと錯覚してしまうけど、そうじゃない。

せっかく、有難いことに生きているんやから、愛する人との時間を大切にする。
愛情溢れる生活を送る。
そんなことを、大切に生きていく。

 

社会で生きている以上、何かしらの仕事を通して人と接することもある。
それやって、愛情いっぱいに、たくさんの人が幸せになるように、生きる。

 

そんなことを思った、休日でした。

今日からまたお仕事、頑張る。

 

昏睡状態のおじいちゃんが教えてくれた「生きる」ということ

大好きなおじいちゃんが、脳梗塞を起こし、意識がもう戻らない状態だと言われました。

 

いつ、どうなるか分からないらしい。

 

急遽、お休みをいただき、旦那さんも東京から来てもらい、病院へ。

 

病室には、昏睡状態のおじいちゃんがいました。おじいちゃんのもとには、たくさんの人がかけつけました。

 

おじいちゃんは、たくさんの趣味があります。

 

釣り、山、音楽、機械いじり、庭いじり…。

お相撲を見るのも好きだね。

 

色んなことを良く知っていて、私に色んな世界を見せてくれました。そして、また、私が見て来た世界をシェアすると、それに対して興味を持ち、楽しそうに聞いてくれます。

 

私の知っているおじいちゃんは、口数がとても多いわけではないけど、よく笑い、人の話をよく覚えている人。いつも楽しそうに人との思い出話を語ってくれます。

 

自分が触れることや、出逢った人のことを、よく知ろうよく知ろう、と、好奇心旺盛な人です。

 

きっと、1つ1つの物事、1人1人の人を、大切に大切にするという、そんな信念があるんだろうなぁ。

 

昏睡状態のおじいちゃんは、何かを伝えたそうでした。多分、私たちの声は聞こえているんだと思う。

 

今もなお、毎日を、丁寧に、一生懸命に生きてるおじいちゃん。もっと知りたい、もっと聞きたい、もっと愛したい…そんなおじいちゃんの気持ちが、見てとれるようでした。そうは思っても、うまく動けなくなって、とても歯痒い気持ちなんだろうな、と思います。

 

私は、今とても健康で、愛する人にも囲まれている。

 

おじいちゃんの、その想いを、私が代わりに行動にして、またおじいちゃんに、私が見て来た世界をシェアしてあげたら、

 

きっと、おじいちゃんも喜んでくれるやろぉな。

 

ずっと、私が笑顔でいることを、見守ってくれているおじいちゃん。私のことを守ってくれる旦那さんが現れるまで、必死に私の幸せを願ってくれていたんだろうね。ありがとう。

 

少しは、安心してくれたかな。私はこれから、しっかり、おじいちゃんの想いを引き継いで、力強く、優しく、笑顔で生きていくね。

 

おじいちゃんも、今は寝たきりかもしれないけど、まだまだ、自分の人生、全うしてね。

時間は無限なんやなくて、増減する

昨日の記事に、時間は有限で、お金は稼げば稼ぐほど生まれるって書いたけど、

 

ほな、お金も時間もあればめっちゃええやん。って話になると思う。

 

そこに、自分で書いて起きながら違和感あったから、もう少し考えてみた。

 

お金は無限

時間は有限

 

なんやなくて、

 

お金は増減する

時間は一定

 

なんかな、と。

 

お金は、稼げば稼ぐほど生まれるけど、使えば使うほど減る。

やから、当たり前やけど、たとえ大金持ちなっても、大量に物を買ったりしてたら、無くなる。

 

時間は違って、万人が1日24時間という限られた時間の中で生きている。どんなけ大金はたいても、24時間ということには変わりない。

 

となると、その限られた時間をどう使うかって、めっちゃ大切。

幸せに生きたい思って、お金を稼ぐために、自分が嫌やと思うことにほとんどの時間を費やして毎日過ごす…そんな生活ってどうやねんろ。

 

お金は無限?時間は有限。

今読んでいる本に、印象的なことが書いてあった。

 

お金は稼げば稼ぐほど出てくるけど、時間は24時間と有限。

 

てこと。

 

なるほど。こう見たら、時間の方が貴重やし、時間をゆっくり使えることほど豊かなことはないかもしれん。

 

そして、お金に関して言うと、手元のお金って、入る分−使う分って式で成り立ってるから、無駄遣いせんかったら、別に大儲けせんでも十分にやっていけるやけやわ。収入なりの支出にすれば問題なく生きていける。

 

となると。

お金のためだけに働くって、1番勿体無いことやなー、と。

働くと同時に充実感を味わうことって、大切やなー、と。